小池塾

新発田市の進学・学習塾 小学生英語から大学受験まで お問い合わせは 0254-26-7731 まで

一筋の光

  • 2021年1月8日
先日新潟の冬についてブログを書いたのが悪かったのか、今日(7日)は数年ぶりにSnow Storm がやってきて白新線は終日運休になりました。その上に、新型コロナの拡大に伴う緊急事態宣言が首都圏で発令され、受験の大事な時期に一段と緊張感が高まっています。
その中、今日は嬉しいニュースが5つありました。まずは、小池塾卒業生で女優の木竜麻生さんが第四北越銀行の新CMに起用され、2日にTVで見て驚いたのですが、そのCMが今日youtubeで全編が公開されました。新体操をやっていた麻生さんのしなやかさ、そして聡明さと心優しさが出て素敵なCMに仕上がっており、大変嬉しく思っています。彼女はまだ私が自宅で英語を教えていた小学校低学年から、中学3年生まで小池塾緑町教室に通ってくれていました。皆さんもyoutubeで、是非チャーミングな麻生ちゃんの第四北越銀行のCMをご覧下さい。
また、今日配布された新発田広報表紙のセンターに、新発田高校書道部の2年生3人が掲載されていることを話していたら、「私も新潟日報に出ていま~す。」と新発田高校3年生の生物の発表の記事が下越版に載っていました。小池塾卒業生と在校生があちらこちらのメディアに出ていて不思議な1日でした。そして、実は昨日凍った路面で転び、念のために今日脳外科で検査を受けましたら、「何も問題ないから、お仕事上手くいきますよ!」と、先生に励まされてしまいました(笑)最後に、新発田看護学校を受験した生徒全員が、筆記試験の1次試験を通過しホッといたしました。
今日の嬉しい5つの出来事で、今朝遠くの空に見えた一筋の光のように、きっとこの我慢の先には明るい春が来る予感がしました。
新年明けましておめでとうございます。
新潟は久しぶりに雪が降り、静かなお正月を迎えています。
大学受験生は自宅にいても落ち着かないのか、塾の自習室で15人ほどが勉強しています。元旦にもかかわらず、分からないところがあると先生が質問に答えていて、高校生教室は普段と変わらない様子です。今年の受験生は3月からコロナで学校は休校に、2年間一生懸命やってきた部活動は中止になり、結局不完全燃焼の気持ちで部活を引退をしました。その分、受験勉強にエネルギーを注いでいるようにも伺えますが。
そして、何といっても1月16日17日に実施される共通テストが、思考力を問う問題に変わり、結果を出すのに苦労をしているようです。英語はセンター試験より700語増え、長文問題のみを80分読み続けて解かなければなりません。数学も読解が必要な問題に変わり、日常生活に関する問題、解答の理由を選択させる問題等、数学の知識だけでは解けなくなっています。どの教科も読んで理解して解く、読解力を必要としている問題になっています。どうにかこの難局を生徒が乗り越え、新型コロナも大学受験が実施できるレベルまで落ち着いてほしいと願っています。私の本当のお正月は、受験が終わった3月頃になりそうです。

2021年も健康で笑顔あふれる1年でありますように!!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
新型コロナ禍の中で、大きな変化にとまどい、新生活に上手く対応するよう全力で取り組んだ1年になった気がいたします。
中学3年生の今年の冬期講習が昨日終わり、生徒たちが大きな声で「良いお年を」と笑顔で元気に帰って行く姿を見て、無事に2020年が終わることに安堵いたしました。3月5日の公立高校入試本番に向け、指導者一同全力でサポートしていこうと思っております。大学受験生は年末年始のお休みはなく、今も自習室で勉強しています。本日新大医学部5年生の先輩が来て、後輩に病院実習の話をして下さいました。生徒達には大きな励みになったようです。 本日の東京での新型コロナ患者の増加数に驚愕し、年末年始も懸命に働いてくださっている医療従事者の方々に、心から敬意と感謝を申しあげます。 皆様方も、年末年始が無事に過ごせますように、どうぞご自愛ください。
1年間至らない所もありましたが、多くの皆様方に助けていただき、ご協力いただきましたことに深く御礼申しあげます。 有難うございました。
どうぞ良いお歳をお迎えくださいませ。

新潟の冬

  • 2020年12月15日
昨夜地響きがなるほどの大きな雷と共に、本格的に雪が降り始め、外は真っ白になりました。新潟では、大きな雷は雪が降る合図です。新潟に来た頃、11月中旬から晴れなくなりどんよりした灰色の空、窓に強く吹き付ける風、降っても降っても止まない雪が耐えられませんでした。関東では、真冬でも布団を外に干すことができるんですもの。新潟には友人がいなかったので、涙声で東京のMIKIちゃんに電話をかけていました。塾が忙しくなってからは、冬がやってくると空を見上げる暇もなく、雪を見ると受験本番を迎えたな!と戦闘モードに入っていきます。今は雪が新潟の恵みをもたらしてくれるのを知っています。あの頃の涙がうそのようで、新潟の美味しい果物、野菜、山菜を堪能し、たくさんの人に囲まれて充実した日々を過ごしていると、じっと耐えてきて良かった感じています(うふふ)
ご心配いただいた東京の皆様、有難うございました。
毎年3月の受験が終わる頃には、空も春めいてきて、なんともいえない充実感を感じます。来年の3月にはたくさんの合格の知らせを受け、新型コロナが落ち着き、心の底から新潟の春を満喫したいと思っています。

受験の神様

  • 2020年12月3日
12月に入り高校生3年生は12月5日、6日と共通テストと同じ時間割で全統プレ模試が行われます。生徒達は2日(火)に定期考査が終わり、最後の公開模試を受けることになり、大変緊張が高まっているように感じます。今回のテストで、どうにか今まで積み上げてきた受験勉強の結果が出ることを願います。目標の結果が出て自信を持ち、勢い良く本番に向かってほしいです。今回の模試の自己採点の結果が出ましたら、そこから軌道修正をかけながらピークを1月16日17日の本番の試験に持っていくつもりです。
中学3年生も6日(日)に新潟県統一模試が実施されます。受験校決定まで模試も残すところ2回になりました。11月末に行った保護者面談の後から生徒の受験への意識が高くなり、やる気に火がついたようです。私は宗教を持っているわけではありませんが、受験の神様がいると信じています。グレーゾーンには受験生がひしめき合っていますが、神様は苦しいほどの本気の努力をした生徒を合格ラインに乗せて、結果を出して下さいます。受験生には持っている力を十二分に発揮し、合格というこの上ない喜びを味わってほしいと願っています。
1 / 712345...最後 »
index.php