小池塾

新発田市の進学・学習塾 小学生英語から大学受験まで お問い合わせは 0254-26-7731 まで

つくば科学万博

  • 2020年7月4日
通訳として最初の頃は国際会議のGENERAL INFORMATION や展示会の仕事をしていました。半年が過ぎた頃筑波科学万博の三和銀行(現在は三菱UFJ銀行)グループのみどり館で英語ができるコンパニオンとして働くことが決まりました。 2ヶ月の訓練のあと1985年3月16日から9月16日までの184日間の長丁場でした。大手町の三和銀行本社で行われた訓練では、お客様のへの接遇やVIP対応そして手話などを学びました。筑波の会場のパビリオンの中では、何百人も入るシアターでマイクを使わずにナレーションをする訓練があり、これは現在塾ではっきり生徒に伝えるという点で大変役立っています。一番印象に残っておりますのは、生物学者でいらっしゃった昭和天皇がみどり館をご訪問してくださったことです。昭和天皇のお姿は後光が指して神様のように私の目には映りました。コンパニオンとしての仕事は単調でしたが、毎日会場まで通うバスの中で次の仕事に向けJAPAN TIMESを読んでは、親友のMIKIちゃんと未来を語っていました。東京で有能な社長秘書をしている彼女とは、今でも仕事のことが話せる大親友です。昨年久しぶりに東京でみどり館のコンパニオンの同窓会があり、皆と楽しい時間を過ごしました。

To be continued
通訳学校に1年位通いました頃、友人からJCS(日本コンベンションサービス)で働いていました友人から通訳部に登録したらどうですか。と言われ怖い物知らずの私はJCSの通訳部の試験を受けに行きました。 JCSは今では国際会議や国内の学術会議の日本でトップの運営会社です。私の実力では到底合格できないと思っていましたところ見事採用通知をいただき嬉しかったのですが、実力不足の私はとても不安でいっぱいでした。通訳部に登録させていただいて最初の仕事は、新宿の京王プラザホテルで開かれた「細胞生物学会」という国際会議のGENERAL INFORMATION(外国人に向けてのご案内係り)でした。そこで初めて先輩の通訳者の仕事を見た私は、この仕事がしたいと身体に衝撃が走りました。ただ周りにいらっっしゃる通訳者の方は帰国子女や留学経験者で、私のような国産の通訳者はいませんでした。数年経ってから通訳部のスタッフの方になぜ私が採用されたかお聞きしましたら、「履歴書の写真がいい子そうだったから」という返事に唖然としました。今ではそんな事では通訳者にはなれないのであしからず。しかし、レセプションができる通訳者を目指して昼間は仕事、夜は通訳学校と夢に向かって走り始めました。

続きをお楽しみに
index.php